「学力」の経済学 2017/05/17 No Comments

ナレッジベースの杉山です。

 

プライベートでは二児の父でもあるのですが、教育や躾って難しいですよね。
なにせ自分の経験くらいしか考える元ネタがないのに時代は変わっているので試行錯誤の毎日です。

 

なにをどうすれば良いのか、なにが正しいのか悩んでいたところ、著者の中室 牧子さんがテレビで話しをされているのを観て、この本を読むことにしました。

 

経済学とありますが、学力を向上されせることで社会的にどのくらい経済効果があるのか、例えば少人数クラスを推進した場合に先生の給与と子供たちの学力の向上を加味して、実施すべきか否か、なかなか非情な気もしますが税金を投入して教育するにあたり、もっとも効果的なやり方はどうなのかを分析されています。

Read the rest of this entry »

 

エンジニアがビジネスリーダーをめざすための10の法則 2017/05/03 No Comments

ナレッジベースの杉山です。

 

会社の代表をしていますが、そもそも経営学などを勉強したわけでもなく、家庭で帝王学も学んでいないので、事業の方針も考えたり実行することに苦労しています。

 

技術者でありながら優れた経営者もおられる訳ですから、少しでもそのエッセンスを吸収したいと思い、本田宗一郎氏の書籍などを読んでみたのですが、偉人すぎてとても参考になりません。

 

もう少し分かりやすく考え方の切り替えが出来ないものか悩んでいた際にこの本に気がつきました。

 

 

主に技術者としての私がやりがちな失敗にたいして経営者としてどのように考えるべきか説明されており参考になります。

どうしても技術的に裏付けが欲しい自分に対して、良い刺激になりました。

また、仕事のご依頼をいただくお客様への対応の参考にもなりました。

立場が違うからが求めている意見をしっかり打ち出せるように考え方を変えていくようにしたいと考えます。

技術屋兼経営者の方や、経営者に対して技術の説明が必要な立場に方にお薦めです。

 

 

Androidでbluetoothのキーボードを使う 2017/04/17 No Comments

ナレッジベースの杉山です。

 

みなさんモバイルしてますか、昔はノートパソコンやらPDAやら荷物が多かったですね。

まぁ、それも楽しかったですけど。

 

今はスマートフォンがあるおかげでメールチェックやWebでの調べものが簡単にできるようになりました。

ただ、入力が問題です。

 

短い文を入力するのはいいですが、長文となると辛い。
ですのでBluetoothのキーボードを愛用しています。

 

ちなみに今使用しているのは4代目のキーボードです。

折り畳めるのや極小など試しましたか普通が一番と言うなんとも盛り上がらない結果です。

 

さておき本日Windowsマシンと併用しながら仕事をしておりました。
ふと離席しようとしたときそれは起こりました。

Windowsマシンをロックしようとお馴染みのAlt + Ctrl + Deleteキーを入力したんです、Androidに接続したBluetoothのキーボードに。

Androidのスマートフォンはなにも言わずに再起動しました。保存していない私の作文を道連れにして。

 

と、言うことでAndroidに接続したBluetoothキーボードでAlt + Ctrl + Deleteキーを押すといきなり再起動しますよと言うことを忘れないよう、ここに記録しておきます。泣ける。

 

効率的なITの導入、利用についてのご相談承ります。

ご相談のみは無料ですのでお気軽に「弊社お問い合わせフォーム」からどうぞ。

 

 

 

登録セキュスペ 2017/04/08 No Comments

情報処理安全確保支援士、通称名「登録セキュスペ」として登録されました。

一応、国家資格だそうです。

 

情報セキュリティについて、アドバイスしたりするそうです。
資格を維持するたには毎年講習を受講する必要があるので、ある程度は勉強も必要になってます。

 

セキュリティについてはハッキングなどの細かい技術だけではなく、情報を取り扱う人の教育や環境、日々の運用も大事になってきます。

システムをガンガン導入して運用している会社さんは、社内で専門家もいらっしゃると思いますが、専任のシステム担当者がいない場合、なかなか大変だと思います。

 

そんな会社さんの力になれたら良いなと思います。
お気軽にお声がけください。

 

 

【Windowsd Powershell Baby Step その1】 2017/03/21 No Comments

以前スクリプトを作成する際に調べたことをまとめて自分宛ての備忘録を作成したいと思います。

Windows Powershellでスクリプトを実行できるようになったので、スクリプトを作成していきます。

まずはスクリプトが動作していることを確認する意味を込めて、コンソールに値を出力するHello Worldスクリプトを作成します。

出力する値は引数を設定して表示しようと思います。

Windowds Powershellのスクリプトで引数を受け取る場合、$argsを使用します。
引数として複数の値が設定される可能性があるため、$argsは配列になっています。

引数の数は、lengthプロパティを参照します。
引数は配列で引き渡されるので0から始まる点に注意が必要です。


# 引数の数を確認
if ($args.length -eq 0){
Write-Host "引数が指定されていない"
    exit 1
} elseif ($args.length -gt 2){
Write-Host "引数が多く指定されています"
    exit 2
}
# 引数を編集して出力
# 標準出力
Write-Host $args[0] $args[1]"!!"
# 戻り値として出力
echo ($args[0] + " " + $args[1] + "!!")
exit 0

実行する場合の引数は下記のように指定します。


PS C:\temp> .\Hello.ps1 Hello world
Hello world !!
Hello world!!

$lastexitcodeにexitで設定した値を参照することが可能です。


PS C:\temp> $lastexitcode
0