sqlplus / as sysdbaでORA-12560が発生 2011/01/15

Pocket

Windows Server 2008にOracle 11gでデータベースをセットアップしました。

そのときは確かにsqlplus / as sysdbaでデータベースに接続して作業したはず。

でも、最近になってORA-12560が発生する。

しばらく謎でしたが同じような経験をしたひとから教えてもらいました。

ここの環境のWindows Server 2008は64bitです。

Oracleも64bit版がインストールされています。

しかし、使用するアプリケーションの都合で32bit版のOracle Clientがインストールされているんです。

恐ろしいことに環境変数のpathの設定順が32bit版Oracle Client、64bit版Oracleになってました。

sqlplusをそのまま実行すると32bit版が動いていたんですわ。

なぜか32bit版では、sysdbaに接続時にORA-12560が発生するようです。

pathは変更できないので、フルパスで64bit版のOracleのbin配下のsqlplusを使用するとサクッと接続できました。

ありがとうござます。

 

Trackback URL

Leave a Reply