Androidで外付けキーボード(TK-FBP017BK)を使用する 2011/01/30

Pocket

タブレットの端末が今年ブレイクしそうなのにあえてケータイで外付けキーボードです。

とりあえず簡単なメールの返信程度であればそのまま端末からでも十分対応出来るのですが、長いメールなどを書こうと思うとすごく時間がかかります。

ましてやブログの記事なんぞは無理。
出先でも快適に長文を入力したいので外付けキーボードの出番です。

私が使用しているのはエレコムのキーボードTK-FBP017BKです。

このキーボードはBlutoothで端末と通信するのですがHTC DesireはHIDという通信の規格に対応していません。
このためSPPという通信の規格に対応したキーボードを使う必要があります。
このSPPモードでの通信に対応しているのが現在使用しているTK-FBP017BKなんです。

このキーボードは二つ折りです。鞄に入れて持ちあるのには良いサイズだと思います。
キーの大きさはいい感じです。ノートパソコンを使い慣れた人なら違和感無いと思います。

使用する際には、外付けキーボードのIMEと接続用のアプリのインストールが必要です。
EleWnnと接続用のアプリはAndroid Marketより入手できます。

ちなみに結構な容量なので空き容量が少ないと厳しいです。

外付けキーボードを使うタイミングでEleWnnなるIMEに切り替える必要があります。

ちなみに日本語はローマ字入力のみです。普段ひらがなで日本語入力しているのですが、ちと辛いところです。

特に母音を入力ミスした場合は修正できないので、適当に変換して再度入力することになります。

BSキーなどを長押ししても連続して入力したことになりません。間違えた文字数分だけキーを押すことになります。

ノートパソコンによくあるFnキーがついていますが対応していないようでDeletegキーが使えません。
入力ミスはBackSpaceキーで対応します。

そして変換辞書はあまり賢くないです。ATOKなど賢い変換辞書に慣れた人にはストレスかも。私は単漢字変換が癖になっているので我慢できるレベルです。

後、入力するためのアプリケーションですが複数のアプリケーションを切り替えて使用すると入力するモードになってくれない場合があります。どこに原因があるのかわからないのが辛いところです。

まぁ、いろいろ不便な点はありますが、こうしてブログの記事も書けるのはありがたいことです。

 

Trackback URL

Leave a Reply