プリンタドライバを独自設定でカスタマイズしてインストールしたい

Pocket

さて、このツールですが、プリンタドライバの詳細設定で設定可能な項目についてカスタマイズ設定が可能です。
そして、カスタマイズしたプリンタドライバのセットアップモジュールが作成できます。

そのままコンピュータでセットアップができるので、人によってセットアップ内容のばらつきが無くなります。

さらにカスタマイズしたプリンタドライバを使用したプリンタのセットアップモジュールが作成できるので、TCP/IPポートなどの指定を含め、決まった名前でプリンタをセットアップすることが可能です。

また、サイレントインストールも可能なので、セットアップモジュールの配布、バッチ処理を自動実行するようなソリューションを導入している場合、ユーザの操作の負担を最小限にすることも可能です。

とても便利ですが、制限事項もあります。

同じコンピュータにカスタマイズしたプリンタドライバを複数バージョンインストールできません。
インストールした場合、後勝ちになります。

また、プリンタの設定で一部設定できない項目があります。
※別途Windows Powershell等で設定できるますので、別と対応が必要になります。

次回は、プリンタポートの設定やらをWindows Powershellで実施した際のスクリプトのコマンドなどを紹介したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA