プリンタを一括で登録するためのメモ 2020/09/23

Pocket

株式会社ナレッシベースの杉山です。

うっかりしてドメインも失効して冷や汗をかきました。
でも、あっさり再取得できてホッとしました。

会社のドメインを取得する前に使用していたメールアドレスを登録していました。
さらにカードを登録んて自動更新にしていたのでカードの有効期限が切れていることに気が付きませんでした。
ほったらかしも大概にしないとあかんなと反省しました。

これから滞っていたプログの更新もしていたきいと思います。

前回記事のプリンタの登録についてコマンドで実施する方法についてのメモを挙げておきたいと思います。

(1)Add-PrinterPortコマンドレッドを使用してプリンタポートを追加します

(2)Add-Printerコマンドレッドをプリンタを追加します

(3)Add-Printerコマンドレッドで設定できないプリンタ設定をコマンドで実施する
ちなみに今回は下記の2つの設定に使用しました。

・スプールされたドキュメントを最初に印刷する
・印刷後ドキュメントを残す

それとプリンタを一時停止状態に設定する必要がありました。

私が設定に使用したのはVBScriptのprnportprncnfgprnqctlです。
Windows Server 2012以降で使用できます。

中途半端にVBScriptを使用することに違和感があったのですが、設定する時点では解決方法が解らずに併用して解決しました。

後ほど上記の設定もWIndows PoerShellのコマンドレッドで設定可能であることを教えていただきました。

Windows Management Instrumentation (WMI) を使用して設定します。

Win32_Printerの「KeepPrintedJobs 」と「DoCompleteFirst 」が該当項目です。

Import-Csvコマンドレッドを使用するとCSVファイルを使用して一括登録が簡単にできるので便利です。

積極的に自動化して便利に使いたいですね。

 

Trackback URL

Leave a Reply