icat for JSONを使ってみる

Pocket

株式会社ナレッジベースの杉山です。

年末になると、今まで手が付けられていなかったことにバタバタと着手したりするものです。

今回は、情報処理安全確保支援士の講習で見かけたicat for JSONをホームページに追加してみました。

独立行政法人情報処理推進機構が提供しているサイバーセキュリティ注意喚起サービスです。

弊社のトップページのサイドバーの下部にあるセキュリティに関する情報が表示されると思います。

サイトに記載されているHTMLタグを追加するだけで、簡単に設置できます。

社内向けのウェブサイトなどに掲示してセキュリティ対策を促すために利用してはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA